妊娠

妊娠線がかゆい!掻くとどうなる?かゆみを止める対策も紹介

  • 妊娠線がかゆくてかゆくてたまらない!
  • このかゆみをどうにかしたい!
  • 妊娠中にかゆみがあると妊娠線ができるの?

妊娠中はだんだんお腹が大きくなり、その分皮膚も伸びます。妊娠中の肌は敏感でもあるので、かゆみに悩む妊婦さんは少なくありません。

今回は、妊娠中のかゆみに悩む妊婦さんが疑問に思っていることや、自宅でできるかゆみ対策についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。




妊娠線がかゆい!原因は?

お腹やおしり、太ももなどにできた妊娠線が痒くなるのには原因がありますが、あらゆる原因である可能性があります。

乾燥と下着の締め付け

妊娠中は肌が乾燥しやすく、皮膚が乾燥することにより、洋服が擦れたり下着に締め付けられたりと、少しの刺激でもかゆみを感じるようになります。

水分不足

妊娠中のつわりで、水分がとれなくなったり、特定のものしか食べられなくなる方もいます。体内の水分が不足することにより、肌が乾燥して、かゆみや肌荒れの原因となります。

かさぶたが痒い

書いているうちにその部分が傷になって、かさぶたになることがあります。傷が治る過程でヒスタミンという物質が増えて、そのヒスタミンの作用によってかゆみが生じます。

妊娠性掻痒(そうよう)

妊娠によるホルモンバランスの変化や胆汁の流れが悪くなることで引き起こる病気。部分的な痒みがあったり、ひどいと顔や全身に痒みが出る場合もあります。

症状としては、最初はブツブツした発疹は現れず、掻いていくうちに、赤みやジクジクが出てくるようになります。

妊娠性類天疱瘡(るいてんぽうそう)

自己免疫疾患の一種で、胴や手足を中心にかゆみを伴いながら、多くの紅斑や水ぶくれができます。妊娠中期から妊娠後期、産後すぐの頃に起きやすいとされていますが、まれな病気です。

出産後数ヵ月で落ち着きますが、妊娠するたびに悪化や再発を繰り返すこともあります。

妊娠性痒疹(ようしん)

妊娠性痒疹は、妊娠初期の12~15週ごろに、胴や手足に強いかゆみと発疹が表れます。初産よりも、2回目以降の妊娠で生じることが多く、ほとんどの場合は出産後に改善します。

特に、アトピー性皮膚炎の傾向がある人はかかりやすく、妊娠のたびに再発しやすいと言われています。

PUPPP

一般的に、初めての妊娠で妊娠後期に発症することが多いです。じんましんのような紅斑がお腹や太もも、おしり、腕など広い範囲にできます。

妊娠30週以降に発症し、出産後はすぐに皮疹もかゆみも落ち着きます。次の妊娠では再発しないと言われています。

 

妊娠線を掻くとどうなる?


妊娠中の肌はとても敏感になっています。かゆいからといって妊娠線を掻きむしってしまうと、色素沈着してしまう可能性があります。

妊娠線ができはじめの頃は、通常紫や赤い色をしています。炎症が鎮まり時間が経つと白や銀色っぽく色が変化します。この状態だと、産後しばらくしたら薄く目立たなくなります。

しかし、妊娠線をたくさん掻いて色素沈着させてしまうと、炎症が鎮まっても茶色く跡が残ってしまいます。こうなると産後しばらくしても薄くなりにくいので、絶対に掻きむしらないようにしましょう。

 

かゆみを止める対策

妊娠線ケアクリームの活用

かゆみ予防には保湿が効果的です。クリームなら水分と油分どちらも同時に補えるので、お風呂上がりにはもちろん、かゆみが出たら塗るようにしましょう。

妊娠線ケアクリームを選ぶ時は、かゆみを抑えるためにも合成成分や石油系成分などの刺激成分が極力含まれていない、安心できる成分のものを選びましょう。

たくさん種類があって何がいいのかわからない方もいると思うので、妊婦さんに好評で人気の高いおすすめ妊娠線ケアクリームを紹介します。

created by Rinker
ママ&キッズ
¥7,995
(2019/12/07 00:46:15時点 Amazon調べ-詳細)

デリケートな妊婦さんに嬉しい無香料、無着色、低刺激処方となっています。高保湿成分と弾力、柔軟性サポート成分により、肌荒れを防いで妊娠線が増えないように予防もできます。

なにより、低刺激処方されているので保湿しつつかゆみ予防もしてくれます。たくさん使うものなので、大容量タイプがおすすめです。もし妊娠中に余っても、産後や赤ちゃんのお肌にも使えますよ。

妊娠4ヶ月から使用しています。
それまでは、市販のクリームを使用していましたが、妊娠線は一度できると消えにくいということや、雑誌やネットで良い口コミが多かったのでこちらの妊娠線専用のクリームを購入しました。サンプルでほかの妊娠線クリームも3.4種類使用しましたが、こちらの商品が1番良いです。
プッシュタイプなので塗りやすく、匂いもないため、つわり時でも心配ありません。また、伸びも良いため、値段は高いですがコスパはいいと思います。

https://www.cosme.net/

低刺激で清潔な衣類を着用

肌に直接ふれる服や下着は、肌に優しい低刺激の生地で、なるべく通気性がよく、締め付け感のないゆとりのあるものを選ぶようにしましょう。

また、衣類は常に清潔に保つことも大切です。寝る時に着るパジャマなども、毎日洗濯して清潔なものを着ることにより、衣類による妊娠線のかゆみを予防できます。

 

太り過ぎないように注意

妊娠中はホルモンバランスの影響により太りやすいですが、急激に太ると皮膚が伸びが追いつかず妊娠線の原因になります。

妊娠線ができるとかゆみにつながるので、それを防ぐためにも必要以上に体重を増やさないように注意しましょう。

  • 食べすぎない
  • 妊娠中にもできる適度な運動
  • 正しい生活リズム

を意識して生活すると、体重が急激に増えることはないと思うので、気をつけてみてください。

 

かゆみが治らなければ病院へ

保湿など、自宅でできる対策をしてもかゆみが治らなければ、担当の産婦人科医に相談しましょう。症状に合わせた薬を処方してもらえるはずです。

妊娠中は肌がとても敏感なので、市販されているかゆみ止めなどでは強すぎることがあります。皮膚科へ行く場合でも、妊娠中であることを前提にアドバイスを受けるようにしましょう。

酷くなる前に対策をすれば、出産後には、できてしまった妊娠線の跡も薄くなります。逆に、対策を怠って掻きむしってしまうと濃い色のまま跡が残ってしまうので気をつけてくださいね。

 

妊娠線は細い人や小柄な人ほどできやすい?後悔しないための予防方法 妊娠中で細い人または小柄な人 妊娠線ができるのが嫌 妊娠線ができてしまった 以上のことにひとつでも当てはまる方...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら