フィットネス

妊婦がジムでできる運動&NGな運動!マタニティフィットネスは安全?

妊娠中だけど、ジムへ通いたいと思っている妊婦さんも多いはず。また、もともと妊娠前からジム通いしていた方は、退会したほうがいいのかも気になりますよね。

そこで、妊婦さんがジムでできる運動ややってはいけない運動、おすすめの運動、マタニティフィットネスについても紹介しますので、参考にしてみてください。

【こう思っている妊婦さんにおすすめな記事です】

  • マタニティフィットネスについて知りたい
  • 腰痛や肩こり、むくみの改善予防をしたい
  • 体重コントロールをしたい
  • 出産に向けた体力づくりをしたい
  • 楽しいマタニティライフを過ごしたい
  • 産後に早く体型を戻したい
  • 母乳育児を希望している
  • 胎教に興味がある
  • 妊娠中のストレス解消をしたい



妊婦はジムに通ってもいい?

妊娠前からスポーツジムやフィットネスジムなどに通っている方は、妊娠してからも継続してジム通いしてもいいのか気になりますよね。

また、妊娠中の体重増加によりダイエット(体重コントロール)や運動をしたいと思っている妊婦さんも多く、妊婦してからジムへ通おうか迷っている方もいますよね。

ジムを継続して通えるか、妊娠してから入会できるかは、医師からの許可とジム側からの許可を得ることが必要です。妊娠したら、まず医師とジムのインストラクターに相談するようにしましょう。

スポーツジムやフィットネスジムの中には、妊婦さんの利用を禁止しているところもあるので、相談する前に事前にホームページなどを確認してみるのもいいでしょう。

産院の医師とジムのインストラクター、両者から許可が下りれば、継続してジムへ通えます。しかし、妊婦さんがしてはいけない運動や動きがあるため、注意が必要です。

また、妊娠中に運動する際は、体調が良くてお腹の張りなどがなく、妊娠経過に異常がないことが条件です。妊婦さんにとって、無理は禁物です。

 

妊婦がジムでできる運動&できない運動

できる運動

まず前提として、妊娠前に全く運動していなかった方が、妊娠してから急に新しい運動や筋トレに無理に挑戦する必要はありません。

妊娠中の体重増加が気になり、今まで運動してこなった方が運動するなら、ウォーキングなど軽い有酸素運動やマタニティ専用のヨガやスイミングなどがおすすめです。

妊婦さんがジムでできる運動やマシンは以下です。

  • ウォーキングマシン(ランニングマシン)
  • エアロバイク
  • ストレッチ
  • 重りをつけない軽い筋トレ

妊婦さんは、全力で運動せず、軽く時間をかけずに行いましょう。ウォーキングマシンは走らず、エアロバイクもゆっくりなペースで行うようにしてください。

エアロバイクや筋トレも心拍数が上がりすぎない程度に行うのがいいでしょう。

できない運動

妊娠中のどの期間においても、激しい運動や瞬発力のある運動は避けるようにしましょう。バランスのとりにくい動きについても、転倒の恐れがあるため避けたほうがいいでしょう。

妊婦さんがジムでできない運動やマシンは以外です。

  • お腹をひねる動きの筋トレマシン
  • ウェイトトレーニング
  • アンバランスなトレーニング

瞬発力のある運動やウェイトトレーニングなど重りをつけた筋トレをすると、一時的に呼吸を止めてしまいます。また、腹圧がかかりすぎてしまうとお腹の張りにつながる可能性もあります。

妊婦さんが重い物を持ったり、重さによる負荷をかけてしまうことによるリスクなどについてはこちらで詳しく解説していますので参考にしてみてください。

妊婦が重いものを持つ時に知りたいこと。持っていい重さや時間は?妊婦さんが重いものを持つ際には、注意が必要です。妊娠中に重いものを持つことにより、様々なリスクを伴います。 妊婦さ...

基本的には、妊婦さんがジムなどの運動施設に通う場合、マタニティクラスなどの専門クラスを設けている場所を選ぶのがいいでしょう。




妊婦がジムでできるマタニティフィットネス

マタニティフィットネスとは

医師や運動指導の専門家が考えた、妊婦さん向けの運動プログラムです。ただし、マタニティフィットネスを行う前には、必ず担当医の許可が必要になります。

マタニティフィットネスを実施していないジムもありますが、一方で妊婦さん専用のマタニティクラスを設けているジムも増えてきています。

実施している施設によっても、安定期に入った妊婦さんからでしか利用できなかったり、参加できる妊娠週数を設定している場合もあります。

具体的に、マタニティフィットネスには以下のようなものがあります。

  • マタニティビクス
  • マタニティスイミング
  • マタニティヨガ
  • マタニティピラティス
  • マタニティダンス

マタニティフィットネスは安全?

マタニティフィットネスのプログラムは、医師と運動指導の専門家が考えた安心できる内容となっています。

マタニティフィットネスは、スポーツジムや産院などで行われていますが、指導者は妊娠中の運動についての専門者であることがほとんどです。

心配であれば、通っている産院のマタニティフィットネスや「一般社団法人日本マタニティフィットネス協会」に登録されている施設を選ぶようにしましょう。

また、マタニティフィットネスを行う際は、体調が良いこととお腹の張りなどがなく、妊娠経過に異常がないことが条件です。絶対に無理はしないようにしましょう。

マタニティフィットネスの効果

妊娠中に適度な運動をすることは、快適で健康な妊娠生活と安産に効果的とされています。

【マタニティフィットネスによる効果】

  • 体重コントロール
  • 骨盤や産道周囲を整える
  • 腰痛や肩こり、むくみ、便秘の改善
  • 出産や産後に向けた体力づくり
  • 妊娠中のマイナートラブルの予防
  • 産後の母乳が出やすくなる
  • 胎教効果
  • ストレス解消
  • リラックス効果

マタニティフィットネスは何を選ぶべき?


マタニティフィットネスといってもその種類は様々です。施設によっては、全てを行うわけでなくマタニティヨガだけ、マタニティスイミングだけを行っているところもあります。

マタニティフィットネスの中でも何をやるかは、好みの他に、効果や目的によって選ぶのがいいでしょう。

【マタニティフィットネスおすすめの選び方】

  • 体重コントロール:マタニティビクス
  • リラックス効果:マタニティヨガ
  • 腰痛や肩こり、むくみ改善:マタニティスイミング
  • 骨盤や産道周辺を整える:マタニティピラティス

 

妊婦でもジム通いで適度な運動を!

妊婦さんの利用をお断りとしているジムもありますが、一方でマタニティクラスなどを設けるジムも増えてきています。

妊娠前からすでにジムへ通っている方は、妊娠後も継続して通えるかどうか、ジムのインストラクターと産院の医師に確認してみましょう。

また、妊娠してから、体重管理をしたいなどの理由でジムへ入会しようと思っている方は、一般的なジムよりもマタニティフィットネスを実施している施設を選ぶのがおすすめです。

健康で楽しい妊娠生活を送るために、妊娠中の適度な運動は欠かせません。太り過ぎによる妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などを防ぐためにも、妊娠中のジム通いやマタニティフィットネスを利用してみましょう。

ただし、妊婦さんがジムへ通うことの条件として、体調が良いことと妊娠経過が順調であり医師からの許可がおりていることは絶対ですよ。

妊婦はプロテインを飲んでいい?赤ちゃんへの影響や注意点今やプロテインは、普段から筋トレをしている人だけでなく、女性が美容目的で飲む栄養素としても親しまれています。 しかし、妊娠中は赤ち...
妊婦の岩盤浴は危険がいっぱい!そもそもデトックス効果はない?女性から人気の高い岩盤浴は、汗も沢山かけるし、リラックス効果や妊娠中の気分転換にもなりそうですよね。 しかし、妊婦さんが岩盤浴へ行...



▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら