妊娠

妊娠中のお腹の黒い線「正中線」産後に消える?消えない時の改善法や予防法

妊娠してから、だんだん気になってくるお腹にある黒い線。おへそを中心にして縦に伸びている線は正中線といいます。

  • 正中線は一度できたら消えない?
  • 正中線を予防することはできる?
  • 正中線が消えない時の改善法は?

など、色々と気になることがありますよね。そこて、正中線についてのあれこれをまとめました。参考にして、正中線による悩みを解消してもらえたら嬉しいです。




妊娠したらできる正中線の原因

正中線は誰にでもあるもの

正中線は、おへそを中心として、縦に伸びる黒かったり茶色かったりする線ですが、実は男女関係なく誰にでもあるものなのです。

ただ、誰にでもある正中線のもともとの色は、ほとんど分からないほど薄いです。それが妊娠をキッカケに、色が濃くなっていくことで目立つようになります。

妊娠すると、約70%ものママが「正中線が濃くなった」と感じますが、妊娠しても全く正中線ができないママもいます。

正中線ができにくいとされるママの特徴として、妊娠前から日焼けをしても肌が赤くなるだけで黒くならないなどが挙げられます。

つまり、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素が生成されにくい体質だと、正中線もできにくく濃くなりにくいというわけです。

ホルモンバランスの乱れ

なぜ妊娠すると正中線が濃くなるかというと、原因はホルモンバランスの変化にあります。正中線の他に、妊娠してから「シミが濃くなった」「乳輪が大きくなった」「脇が黒ずんだ」などもホルモンバランスの乱れによるものです。

妊娠すると、ママの体の中では、赤ちゃんを成長させるために様々なホルモンが活発化します。その中のエストロゲンとプロゲステロンというホルモンが、正中線を濃くすることと深く関係しています。

妊娠中に増え続けるエストロゲンとプロゲステロンは、メラニン色素の生成を促すメラノサイトを刺激します。刺激されたメラノサイトがメラニン色素の生成を活発化させることで正中線が濃くなっていくのです。

正中線の原因となるエストロゲンとプロゲステロンは出産まで増え続けるので、妊娠後期になるほど正中線が濃くなる妊婦さんが多いというわけです。

 

正中線と妊娠線の違い

妊娠中の悩みとして「妊娠線」というものもよく耳にすると思います。正中線と妊娠線は、名前的にも似ていますが、違いはあるのでしょうか。

妊娠中にできるお腹の線を、ひとまとめに「妊娠線」という方もいますが、妊娠線と正中線は違うものです。

正中線はおへそを中心に縦に伸びる黒っぽい線ですが、妊娠線は紫っぽかったり赤っぽい短い線で、お腹まわりにいくつかできます。

また、妊娠線はお腹だけでなく、おしりや太ももにできることもあります。妊娠線については、こちらの記事で詳しく説明しています。

妊娠線は細い人や小柄な人ほどできやすい?後悔しないための予防方法 妊娠中で細い人または小柄な人 妊娠線ができるのが嫌 妊娠線ができてしまった 以上のことにひとつでも当てはまる方...

正中線はホルモンバランスの変化によって起こるシミのようなもので、妊娠線は赤ちゃんの成長と共にできる皮膚組織の裂け目ということです。

ケアの仕方も変わってくるので、正中線と妊娠線は全くの別ものと考えていいでしょう。

 

正中線は産後に自然に消える?


妊娠してからでき始めた正中線は、自然に消えることがほとんどです。消える時期には個人差がありますが、だいたい産後半年から1年くらいで目立たなくなります。

なぜ出産を終えてから正中線が薄くなったり消えていくのかというと、妊娠中に増えていたホルモンの分泌が出産を機に落ち着いて、ホルモンバランスが整い始めるからです。

ホルモンバランスの分泌量やおさまり方は人によって違うので、産後早いうちに目立たなくなったり、1年以上経っても消えないなど、正中線が消え始める時期にもばらつきがあるというわけです。

 

正中線の予防法と改善法


妊娠中からしっかり正しいケアを行うことで、正中線を濃くしないための予防をすることができます。ただし、予防したからといって正中線が必ずできないわけではありません。

また、妊娠中に正中線ができてしまい、産後しばらくしても消えない場合でも、しっかりケアを行うことで薄くしたり改善していくことができます。

ビタミンCの摂取

ビタミンCにはメラニン色素の生成を抑えて色素沈着を予防する効果や、コラーゲンの生成を促して肌の新陳代謝を整える効果などがあります。

妊娠中や産後にビタミンCを多く含んだ食べ物を積極的に取ることで、正中線の予防と改善ができます。ビタミンCを多く含む食べ物の例として、以下のものが挙げられます。

  • 赤ピーマン
  • パセリ
  • 芽キャベツ
  • レモン
  • ゴーヤ

また、食べ物の他に、サプリメントなどを活用するのもおすすめです。ビタミンCだけでなく、脂肪分や糖分を控えたヘルシーな食事をとったり、食生活全体を見直すことも大切ですよ。

保湿クリームの活用

肌は保湿を行う事で新陳代謝が活発になり、肌に蓄積したメラニンを追い出してくれます。正中線の予防や改善に、保湿は必要不可欠です。

また、妊娠中から保湿をしっかり行えば、妊娠線の予防にもなりますよ。無香料・無着色・低刺激なのは、妊娠中や産後には必須項目です。

おすすめの保湿クリームはママ&キッズのナチュラルマーククリームです。保湿力が高いので乾燥や正中線の対策としても使えます。

created by Rinker
ママ&キッズ
¥2,970
(2019/12/07 01:15:49時点 Amazon調べ-詳細)

ボトルが可愛い。これのおかげで出産まで妊娠線ができなかった。産後すぐ、お風呂に入れない日があり塗らなかったら妊娠線のようなものがくっきりと…。体がしんどくても毎日欠かさず塗った方がいいと思う。

引用:Amazon

妊娠中から産後、赤ちゃんの保湿にまで使えるので、たっぷり入ってお得な大容量タイプもおすすめですよ。

created by Rinker
ママ&キッズ
¥7,995
(2019/12/07 01:15:50時点 Amazon調べ-詳細)

正しい生活リズム

妊娠中はつわりで、産後は夜泣きなどによって生活リズムが乱れやすいですが、正中線を薄くするためには、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す必要があります。

ストレスを溜めにくくするためにも、正しい生活リズムで生活して、しっかりと睡眠を取るように心がけましょう。といっても、妊娠中や産後はなかなか上手くいきませんよね。

なので、寝れるときはしっかり寝るようにしてみてください。また、適度な運動も行うと、更に効果的です。

 

正中線で赤ちゃんの性別がわかる?


実は、正中線で、お腹にいる赤ちゃんの性別がわかるというジンクスがあるんです。正中線で真っ直ぐで濃いなら男の子で、曲がっていて薄いと女の子だそうです。

  • 真っ直ぐで濃い=男の子
  • 曲がっていて薄い=女の子
妊娠中の性別ジンクス!お腹の子は男の子女の子どっち?妊娠したことがわかると、お腹の子が女の子か男の子、どっちなのか気になりますよね。私はとても気になって、妊娠中に色々なジンクスを試したりし...

 

正中線は気にしすぎないで


妊娠中や産後に残る正中線、どうしても気になってしまいますよね。でも放っておいても、だんだん薄くなっていきます。

なかなか消えないと思っていても、出産から2年後くらいに、気付いたら消えていたなんてこともよくあります。

いつかは消えるもの。と思って、あまり深く考え過ぎないように過ごしてくださいね。

 

妊娠線がかゆい!掻くとどうなる?かゆみを止める対策も紹介 妊娠線がかゆくてかゆくてたまらない! このかゆみをどうにかしたい! 妊娠中にかゆみがあると妊娠線ができるの? ...
妊娠中の空腹感をどうにかしたい!乗り切り方、食べ過ぎるとどうなるの妊娠中に続く空腹感、常に何か口にしていないとすぐにお腹が減ってしまうのは辛いですよね。そこで、私が空腹時にしていたことや、おすすめの食べ...
妊娠中にやっておけばよかったこと15選!やらないと後悔するかも?出産してから、妊娠中にあれやこれをやっておけばよかったと思い返すママは多いようです。実際に私も、妊娠中にやっておけばよかったと思うことは...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら