未分類

【決定版】ハンドクリームの選び方。無添加やオーガニック?症状別おすすめ商品

ハンドクリームといってもたくさんの種類があって、どんな商品を選べばいいのか迷ってしまう人も多いはず。

よく「無添加」や「オーガニック」などの表記を目にしますが、実は無添加やオーガニックだから絶対いいというわけではないのです。

そこで、ハンドクリームの選び方について詳しくまとめました。

【この記事で分かること】

  • ハンドクリームの成分表示の意味
  • 敏感肌さんの尿素入りハンドクリームの使用について
  • 症状別や手荒れの具合別のおすすめハンドクリーム
ぜひ参考にして、自分に合ったハンドクリームを選んでくださいね!



ハンドクリームの選び方︰気になる表記

無添加


ハンドクリームを選ぶ際に気にする項目のひとつが、「無添加である」ことですよね。

ハンドクリームなどの基礎化粧品の中には、肌を刺激して、かぶれたり肌トラブルを引き起こす可能性のある成分が含まれていることがあります。

特に敏感肌の方や妊娠中で肌が敏感になっている方などは、ハンドクリームの成分にもこだわりたいですよね。

ハンドクリームによる肌トラブルを防ぐために、「無添加化粧品」を選ぶことも必要ですが、間違えてはいけないのが、無添加というのは、あくまで「メーカーが指定している成分のみが添加されていない化粧品」であることです。

つまり、無添加化粧品だから肌に刺激のある成分が100%含まれていないというわけではありません。

日本には、「無添加化粧品」に明確な定義はなく、法律で定められてもいないので、無添加だから絶対安心と思わず、しっかり成分を確認することが必要です。

 

オーガニック

ハンドクリームなどの基礎化粧品以外に、食品などにも使われる「オーガニック」ですが、なんとなく良いのは分かるけど、本当の意味は知らないという人も多いかと思います。

オーガニックとは、化学肥料や農薬が使われずに育てられた作物や畜産物などを使用した加工品に対して使われる言葉です。

農林水産省に認定された商品には、「有機JASマーク」がつけられますが、対象は加工食品であり、オーガニックコスメなどの化粧品に対する認定機関は日本には存在しません。

ただ、世界にはオーガニックコスメの認定機関があるため、海外の機関から認定を得た商品などは日本でも売られています。

オーガニックコスメの認定の基準は機関によって様々ですが、化学成分を含むものよりも低刺激なため、「オーガニック」であることは敏感肌さんがハンドクリームを選ぶ要素になります。

 

無香料、無着色

無香料とは香りをつける成分が含まれていないということで、無着色は色をつける成分が含まれていないということです。

いい香りがするハンドクリームにはリラックス効果が期待でき、色のついているハンドクリームにはトーンアップなどが期待できますが、一方でデメリットもあります。

合成香料と合成着色料のうち一部の成分でアレルギーを引き起こす可能性があることが報告されているのです。

敏感肌の方やは、無香料・無着色のハンドクリームを選ぶようにするのもいいでしょう。

 

防腐剤フリー、パラベンフリー

パラベンとは、正式名称を「パラオキシ安息香酸エステル」といい、化粧品の他にも食品や医薬品などに使われる防腐剤のことです。

パラベンは、空気中の菌や皮膚の雑菌によってハンドクリームなどの化粧品の腐敗や変色、異臭の発生を防いでくれる役割があるのです。

しかし、ごく稀にパラベンによってアレルギー反応を起こす人もいます。敏感肌の方はパラベンフリーのハンドクリームを選ぶのもいいでしょう。

ただし、パラベンフリーで防腐剤が入っていない場合は、雑菌が繁殖しやすく、腐敗も早くなるため、保存方法や使用期限には十分注意しなければなりません。

また、パラベンフリーと謳っているハンドクリームでも、別の保存料・防腐剤が使用されていることもありますが、危険なものではないため心配いりません。

 

無鉱物油

無鉱物油とは、鉱物油が含まれていないということです。鉱物油は、酸化せず長期保存に向いているという特徴を持った保湿成分です。

鉱物油には、パラフィンやワセリン、ミネラルオイルなどがありますが、代表的なワセリンは医療現場などでも使われています。

ワセリンは手の表面に膜を張ってバリアをしてくれるので、手は荒れていないけど、手荒れや乾燥を予防したい人には、とても有効な成分です。

しかし昔は、不純物が混ざった鉱物油は、紫外線の影響を受けやすくしてシミなどの原因になる可能性があると言われていました。

現在は、精製技術や検査基準が高くなったこともあり、そういった心配はなくなりました。

鉱物油は石油由来の成分であるため、よくないイメージを持たれがちですが、石油由来だから肌に悪いということではなく、肌に合っているかどうかが重要です。

 

アルコールフリー

アルコールフリーとは、エチルアルコール(エタノール)と呼ばれる成分が含まれていないことです。

化粧品などにアルコールが含まれていることにより、肌をひきしめたり、殺菌や防腐効果があります。

しかし、アルコールアレルギーを持っている方は、ハンドクリームのアルコールでもアレルギー反応を起こすことがあるようです。




ハンドクリームの選び方︰尿素入りは敏感肌だとNG?効果は?


尿素は肌にとって刺激成分であるため、敏感肌さんはなるべく尿素入りのハンドクリームを使うのは避けたほうがいいでしょう。

手荒れの状態によっては尿素入りのハンドクリームを使うことも有効ですが、刺激の強い尿素入りのハンドクリームをずっと使い続けるのはあまりおすすめできません。

メリットとして、尿素には、タンパク質を分解させる働きがあり、硬くなった肌の角質を柔らかくします。表面の角質を分解して肌のターンオーバーを促し、肌を正常化させてくれるというわけです。

尿素入りのハンドクリームは、手やひじ、ひざなどの角化してゴワゴワしている部分に使い、改善してきたら尿素が含まれていないハンドクリームに変えるのがおすすめです。

ハンドクリームは手荒れや肌の状態によって使い分けることや、自分の肌に合ったものを選ぶことが大切なのです。

では、肌の状態や症状別に、口コミや使用感、成分などにより最もおすすめできる商品を紹介していきます。

 

ハンドクリームの選び方︰症状別おすすめ商品

手荒れを予防したい

手は荒れていないけど、乾燥や手荒れを予防したいと思っている方には、ワセリンが含まれているハンドクリームがおすすめです。

ワセリンが含まれていることで、肌の内側の成分逃さず、長時間うるおいが続きます。ワセリン配合のハンドクリームでおすすめなのは、アットコスメでも口コミランキング第1位の「ヴァセリン」です。

\おすすめ商品はこれ!/

created by Rinker
¥312
(2019/12/06 14:07:01時点 楽天市場調べ-詳細)

ヴァセリンをハンドクリーム以外にも唇の保湿用として使っている方もたくさんいます。ひとつあれば体全身に使えるので万能です。

ただ、膜を張ったようなベタつき感が気になるという意見も。お出かけ用ではなく、自宅で使う保湿用として使うのが良さそうです。

保湿力が高いし、赤ちゃんのお肌にも使えるほど低刺激なので安心して使えるハンドクリームです!

 

乾燥やかさつきが気になる

手の乾燥やかさつきが気になる方は、保湿成分がしっかり含まれたものを選びましょう。天然保湿成分シアバターを20%配合し、リッチなうるおいを与える「ロクシタンシアハンドクリーム」がおすすめです。

ロクシタンのハンドクリームは、自分用としてもプレゼント用としても人気ですが、実は、世界中で3秒に1つ売れているほどのベストセラーだそうです。

\おすすめの商品はこれ!/

created by Rinker
¥782
(2019/12/06 14:07:01時点 楽天市場調べ-詳細)

ずっと前から愛用しています!
プレゼント等で頂く事もあげる事も多いですが、安定の質だと思います。
ナチュラルな匂いも好きですし、濃厚だけどべたべたしすぎないところも気に入っています。
使用してから手が綺麗と言われる事も多くなりました。

引用︰@コスメ

定番人気のハンドクリームなので外さない!

 

あか切れやひび割れが気になる

手荒れの中でも、ひび割れやあか切れが気になる場合は、ビタミンが配合されたハンドクリームを選びましょう。

特に、ビタミンEには血行促進や肌荒れ改善効果があるため、ビタミンE配合のハンドクリームを選ぶのが最適です。

ビタミンEが配合されている上に、ターンオーバーを正常化させる働きのあるビタミンC誘導体が含まれている「ユースキンA」がおすすめです。

\おすすめ商品はこれ!/

created by Rinker
¥757
(2019/12/06 14:07:01時点 楽天市場調べ-詳細)

ひび割れやあか切れに有効な成分に加えて、ヒアルロン酸やビタミンCといった保湿成分もしっかり含まれているのも嬉しいポイントです。

これ最高です。
アカギレに悩んでいた頃から使っていますが、これのおかげでアカギレにならなくなりました。
夜一度つければ、一日中しっとりすべすべ。
子育てに仕事に忙しく、なかなかハンドクリームを塗る余裕もない中、ホントに助かります。

引用︰@コスメ

スッとするにおいで、落ち着きや癒やし効果も!

 

ガビガビしたひどい手荒れが気になる

手荒れを繰り返して、ガビガビ・ゴワゴワと硬くなりひどい手荒れには、尿素入りのハンドクリームを選びましょう。

尿素には、角質を柔らかくする効果がありますが、健康な状態の手肌に使うと逆効果になることがあるので、手荒れがおさまってきたら、保湿力の高い乾燥用か手荒れ予防用にぴったりなタイプのハンドクリームに変えるといいでしょう。

おすすめは尿素20%が配合され、血行促進や抗炎症効果もある「メンタームU20クリーム」です。

\おすすめ商品はこれ!/

created by Rinker
¥801
(2019/12/06 14:07:01時点 楽天市場調べ-詳細)

長年悩んできた手荒れを一気に改善してくれました。
どんな高価なハンドクリームも浸透しなかった私の手が、このクリームで肌質を改善させてからハンドクリームを塗ると一気に浸透してくれるようになりました。
潤いある自分の手になれたのは、久しぶりなので嬉しくなってしまいます。

引用︰@コスメ

品質も良くてコスパも良くて最高です!

 

ハンドクリームの選び方︰まとめ


ハンドクリームの商品は多種多様でたくさんあります。どの商品にも特徴やいいところがあるので、一概に、この成分が入っているといい、入っていないといいというものではありません。

ただ、敏感肌や妊娠中の方などは、なるべく低刺激で刺激の強い成分が含まれていないハンドクリームを選ぶのがいいでしょう。

よく目にする「無添加」や「オーガニック」という表記は魅力がありますが、自分の症状や肌の状態に合ったハンドクリームを選ぶのが1番有効です。

手荒れの具合や症状別おすすめハンドクリームは、こちらです。

  • 手荒れを予防したい方向けのハンドクリームは、ヴァセリン
  • 乾燥やかさつきが気になる方向けのハンドクリームは、ロクシタン
  • ひび割れやあか切れが気になる方向けのハンドクリームは、ユースキンA
  • ガビガビしたひどい手荒れが気になる方向けのハンドクリームは、メンターム
ぜひ参考にして、嫌な手荒れの悩みを解消してください!

 

妊婦さんも安心!日焼け止めおすすめ人気ランキング【2019最新】妊娠中は、使う日焼け止めが安全で安心できるかどうかも気になりますよね。安心して使える日焼け止めには、いくつかのポイントがあります。 ...
妊婦の葉酸サプリ!失敗しない選び方とおすすめベスト3 美容成分も合わせて摂りたいならベルタ 必要な栄養素の充実度で選ぶならメルミー 妊娠中の冷えが気になるならmita...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ