妊娠

妊婦はピアスをつけても穴を開けても大丈夫?へそピアスは?注意点も紹介

妊婦さんがピアスをつけることで、赤ちゃんに影響があったりデメリットはあるのでしょうか?へそピアスをしている妊婦さんなら、へそピアスは付けっぱなしにしていていいのかも気になりますよね。

また、中には妊娠中に新しくピアス穴を開けたいと思っている妊婦さんもいるのではないでしょうか。

そこで、妊娠中のピアスに関する疑問や気になることを、注意点なども含めて詳しく解説していきますので、参考にしてみてください。




妊婦でもピアスはつけていい?

イヤーピアス

結論から言うと、妊婦さんがピアスをつけても問題ありません。

妊娠中は、つわりによって体調が悪くなったり、思うようにお出かけができなかったりします。また、お腹が大きくなることによる体形の変化で、好きな服が着られなくなることもあります。

おしゃれが好きな妊婦さんなら、好きなファッションができなくなるのはストレスになりますよね。ピアスなら、妊娠前と変わらず好きなものをつけられます。

お出かけの際におしゃれすることが、気分転換やリフレッシュになることだってあるので、妊娠前と同じように、好みなピアスをつけておしゃれを楽しみましょう。

へそピアス

耳や顔のピアスはつけても良くても、へそピアスはお腹につけるものだし、赤ちゃんに影響がないか心配ですよね。

へそピアスをつけていても、赤ちゃんに何ら影響はありません。妊婦さん専用のへそピアスなども売られていますよ。

ただ、へそピアスをしている部分の皮膚が、お腹が大きくなるにつれて薄くなるので、そこの部分だけに妊娠線ができたり、ヒリヒリ痛んだり、最悪の場合は避けてしまうこともあります。

基本的にはへそピアスは付けっぱなしでも大丈夫ですが、妊婦健診でエコーをする時などにへそピアスが邪魔になることがあります。もし医師から外すように指示された場合は、外しておきましょう。

そして、一度外してしまったへそピアスの穴がどうなるかというと、塞がらずに産後も変わらずピアスをつけられる方もいれば、塞がってしまっている方もいます。

 

妊婦でもピアス穴は開けていい?


妊娠中に新しくピアス穴を開けたいと思っている方もいるかと思いますが、妊婦さんがピアス穴を開けるのは控えたほうがいいでしょう。

妊婦さんは、妊娠前と比べ免疫力が低下しています。新しくピアス穴を開けた部分に細菌が感染して炎症を起こしてしまうことも考えられるのです。

細菌感染すると、通常なら数日間は抗生物質の内服薬や外用薬を使用することになりますが、妊娠中は使用できない薬がある場合もあります。

妊娠中のすべて時期でピアスを開けることは控えたほうがいいですが、特に以下に当てはまる方は、妊娠中に新しくピアス穴を開けないようにしましょう。

  • 金属アレルギーがある
  • 消毒薬などでかぶれたことがある
  • アトピー性皮膚炎
  • ケロイド体質



妊婦さんがピアスをつける際に気をつけること

異常があればすぐにピアスを外す

今まで問題なく使用していたピアスでも、急に合わなくなったりかぶれてしまうこともあります。そういった異常を少しでも感じたら、すぐにピアスを外して使用をやめましょう。

かぶれたり膿んだりした場合は、耳たぶを石鹸で洗い、なるべくいじらないようにしましょう。ひどい場合は皮膚科へ行って相談するようにしてください。

良質なピアスを選ぶ

ピアスかぶれはほとんどの場合、金属の質により起こると言われています。通販などで安く売られている商品には、ニッケルやクロムなどアレルギーの原因となる不純物が多いため注意が必要です。

高価になってしまいますがプラチナや18金、サージカルステンレスやチタンなどは比較的肌トラブルが少ないので、それらを選ぶのがおすすめです。

特定のピアスでかぶれたりしたことのある方は、アレルギーの原因が何なのか病院で相談するのもいいでしょう。

清潔に保つ

ピアスホールが完全にできあがっている方であれば、基本的に耳たぶを消毒する必要はありませんが、ファーストピアスを開けたばかりの妊婦さんは、ピアスを外せるようになった後も、しばらくは消毒を続けなければなりません。

また、ピアスホールが完成している場合でも、ピアスは綺麗な場所に保管して、常に清潔を保つように気をつけましょう。

デザイン

ピアスは、大ぶりなものほど重さがあり、長い時間付けっぱなしにしておくと耳に負担がかかってトラブルにつながりやすくなります。

妊婦さんがピアスでのトラブルを防ぐために、長時間付けっぱなしにする場合は、小ぶりで軽いものを選ぶのがおすすめです。

また、揺れるタイプやフープピアスなどは、何かに引っかかりやすいというデメリットがあるので、つける際は引っ掛けたりしないように十分注意しましょう。

 

妊婦さんもピアスでおしゃれを楽しもう


妊婦さんでもピアスをつけられることが分かりましたが、新しくピアス穴を開けるのは細菌感染などの可能性も考えて、控えたほうがいいでしょう。

また、ピアスをつけることによる肌トラブルを防ぐためには、以下のことに気をつけましょう。

  • へそピアスは医師の指示に従う
  • 異常があればすぐに外す
  • 良質なピアスを選ぶ
  • ピアスは清潔に保つ
  • 長時間付けっぱなしにする場合は大ぶりなピアスは避ける

ピアスをつけておしゃれをしてお出かけしたりすることで、ストレスが溜まりやすい妊婦さんでも気分転換やリフレッシュをすることができます。

ピアスをつける際には使い方などに気をつけながら、おしゃれを楽しみましょう。

 

妊娠中のマニキュアはOKでジェルネイルはNG?おすすめマタニティネイル妊娠中も妊娠前と同じようにマニキュアを塗ったり、ジェルネイルをしたりと、ネイルでおしゃれを楽しみたいですよね。 でも、妊娠中にネイ...
妊娠中のマツエクやまつげパーマは危険?影響は?お店で断られることも妊娠中もマツエクやまつげパーマをして、目元のメイクなどを楽しみたいですよね。最近では、産後の化粧ができない期間のために、前もって妊娠中に...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら