妊娠

妊婦がパイナップルを食べると流産する?つわりや吐き気に効果的?

「妊婦がパイナップルを食べると流産や陣痛を起こす」と聞いたことがある妊婦さんもいるかもしれません。

でも妊娠中もパイナップルを食べたい!

パイナップルには甘みの他に酸味もあり、つわり中の妊婦さんにとって、比較的食べやすい果物と言えますが、本当に妊娠中に食べると危険なのでしょうか?

そこで、妊婦さんがパイナップルを食べることにどんなメリットやデメリットがあるのか詳しく解説していきます。

この記事でわかる事

  • 妊婦がパイナップルを食べることのデメリット
  • パイナップルの栄養素と効能効果
  • パイナップルを食べたくなることと胎児の性別
  • 妊婦がパイナップルを食べる時の注意点



妊婦はパイナップルを食べていい?

妊娠中にパイナップルを食べていいか不安な妊婦

結論から言うと、妊娠初期や安定期、臨月のどの妊娠週数の妊婦さんでもパイナップルを食べられます。パイナップルの缶詰も食べてOKです。

しかし、「妊娠中にパイナップルを食べると流産する」といった噂もあり、本当に妊娠中に食べても問題ないか心配になりますよね。

妊婦さんがパイナップルを食べる時に不安なことや気になるをひとつずつ紹介していきます。

 

妊婦がパイナップルを食べると流産する?

「妊婦がパイナップルを食べると流産の可能性が高まる」という噂がありますが、実際には医学的根拠はありません。

なぜ、このように言われるのかというと、パイナップルには、クエン酸や食物繊維が含まれていることから、食べ過ぎると下痢になるとされていたことも関係しているようです。

また、流産してしまった妊婦さんが、悲しみを乗り越えるために、妊娠中に食べた食べ物を流産の原因にしていたという説もあります。

つまり、妊婦さんがパイナップルを食べたからといって、流産の心配をする必要はないのです。

 

妊婦がパイナップルを食べると陣痛を引き起こす?

「妊婦がパイナップルを食べると陣痛が起こる」と聞いたことのある妊婦さんもいるかもしれません。実は、この迷信にも医学的根拠はないのです。

ただ、パイナップルに含まれるブロメラインという酵素には、子宮頸部を緩める作用があるとも言われています。

しかし、この作用が起こるのは、パイナップルを4kg食べた時に起こるとされているため、心配しなくねもいいでしょう。

つまり、食べると陣痛を引き起こすとされるジンクスには、色々な食べ物がありますが、パイナップルもそのうちのひとつというわけです。

陣痛がくると言われるジンクスについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

妊娠中にパイナップルを食べたくなると性別がわかる?

妊娠中の食べ物の好みによって、お腹の赤ちゃんの性別がわかるというジンクスがあります。

例えば、妊娠中によく甘いものを食べたくなると、赤ちゃんは女の子であると言われています。

女の子→ 野菜、果物、甘い物
男の子→ お肉、ジャンクフード、しょっぱい物、酸っぱい物

パイナップルは果物で甘いものなので、「女の子」に当てはまりますが、酸味もあるので「男の子」にも当てはまることになります。

いずれも医学的根拠はないため、性別の予想を楽しむ程度に考えるといいでしょう。

妊娠中に赤ちゃんの性別を確かめる方法やジンクスについては、こちらの記事で色々紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。



妊娠中も嬉しいパイナップルの栄養素

パイナップルに含まれる栄養素には、以下のようなものがあります。

ビタミンB1(チアミン)
ビタミンB6
ビタミンC
クエン酸
食物繊維
ブロメライン
カリウム

これらによる効能効果には以下のようなことが期待できます。

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 便秘改善
  • むくみ解消
  • コレステロール吸収の抑制

 

妊娠中の吐き気やつわりにパイナップルがいい?

妊婦さんがパイナップルを食べても、妊娠経過やお腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはないことがわかりました。

実は、パイナップルには、上で紹介した効能効果以外に、「つわりを緩和させる効果」もあるのです。

パイナップルには、つわりの緩和に効果があるビタミンB6が含まれています。つわりのある妊婦さんにビタミンB6と葉酸を摂取させたところ、吐き気や食欲不振が改善されたとの報告もあります。

また、ビタミンB6は胎児の脳神経の発達にも重要なビタミンとされています。

酸味があり後味もサッパリするパイナップルは、つわり中の妊婦さんにもおすすめな果物です。

 

妊婦がパイナップルを食べる時の注意点

妊婦さんがパイナップルを食べる時に注意することは、食べ過ぎないことです。

一般的に、パイナップルは体を冷やす食べ物に部類されます。パイナップルに含まれるカリウムには、体内の塩分を外へ排出する利尿作用がありますが、その際に熱も放出されるのです。

また、パイナップルはカロリーや糖質量が低くないため、妊娠中に他の食べ物と合わせて食べ過ぎると、体重増加や妊娠糖尿病を引き起こす可能性があります。

ただし、いずれも沢山食べ過ぎなければ、パイナップルを摂取したことによる冷えも、体重増加もそこまで気にする必要はないでしょう。

 

妊婦はパイナップルを適量で食べ過ぎずに楽しみましょう

妊娠初期や安定期、臨月のどの妊娠週数の妊婦さんでもパイナップルを食べられることがわかりました。

「妊娠中にパイナップルを食べる流産や陣痛を起こす」というのは迷信であり、医学的根拠はないため、心配する必要はありません。

パイナップルには、妊婦さんにとっても嬉しい以下のような効果に期待できます。

  • 疲労回復
  • 美肌効果
  • 便秘改善
  • むくみ解消
  • コレステロール吸収の抑制

ただし、食べ過ぎには注意しなければなりません。なぜなら、妊娠中の体を冷やしたり、体重増加を引き起こす可能性があるからです。

妊婦さんは、栄養価の高いパイナップルを食べ過ぎに気をつけながら、適量で楽しむようにしましょう。

ぜひ参考にして、素敵なマタニティライフに役立ててもらえたら嬉しいです!

 

妊婦の葉酸サプリ!失敗しない選び方とおすすめベスト3 美容成分も合わせて摂りたいならベルタ 必要な栄養素の充実度で選ぶならメルミー 妊娠中の冷えが気になるならmita...
【妊婦の在宅ワーク】おすすめを厳選!内職の求人からスマホでできるものまで妊婦さんにおすすめな在宅ワークを特集していきます。どれもすぐに始めることができるので参考にしてみてください。 ♥...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら