妊娠

陣痛ジンクス一覧!これを試せば陣痛がくるかも!?体験談も

試すと陣痛が起こると言われている「陣痛ジンクス」には様々なものがあります。出産予定日が近づいたり予定日を過ぎると、赤ちゃんに早く会いたいという気持ちも強くなりますよね。

そこで、たくさんのママたちが、実際に出産前に試してきた陣痛ジンクスを紹介していきます。どれも簡単に行えるので、楽しみながら是非試してみてください。

こんな方におすすめな記事です

出産予定日が近い、または過ぎた妊婦さん
妊娠中で、陣痛ジンクスを沢山知りたい
信憑性のある陣痛ジンクスを知りたい

 

\ベビー用品10%オフ・出産準備Boxがもらえる/
無料のAmazonサービスはこちら

陣痛ジンクス:運動編

  • 階段の昇り降り
  • 雑巾がけ
  • ウォーキング
  • スクワット
  • バランスボール
  • 船漕ぎ運動

階段の昇り降り

出産間近の妊婦さんが、助産師さんと一緒に階段の昇り降りをしているシーンを、産院やドラマで見たことがある方もいるかと思います。

階段の昇り降りでかかる重力によって、赤ちゃんが下に下りてくるので、陣痛を促進する効果があると言われています。

雑巾がけ

臨月に雑巾がけをすると陣痛がくるというのは、昔から言われていて有名な陣痛ジンクスのひとつです。掃除しながら運動ができるのも良い点ですね。

やり方によっては腰を痛めてしまう可能性があるので、しっかり両手と両膝を床につけて安定した体勢を保ちながらおこなってください。

膝を床につけずに勢いよく雑巾がけしてしまうと、転倒や自分でお腹を蹴ってしまう恐れがあるので、気をつけましょう。ちなみに、四つん這いの体勢は、「安産のポーズ」とも呼ばれています。

ウォーキング

妊娠中の運動として、お散歩やウォーキングをおこなっている方も多いと思います。歩くことで、子宮が収縮してお腹が張り、子宮の入り口が広がっていくので陣痛が来やすいという説が根拠になっているようです。

ただし、長い時間歩きすぎて疲れてしまい、陣痛が始まってから出産するまでの体力が残っていないなんてことにならないように注意してくださいね。

スクワット

スクワットの姿勢は、骨盤の出口部分が最大限に拡大されます。いきみやすく、赤ちゃんが通りやすい角度になるので、陣痛の誘発に期待できるというわけです。

スクワットを行う際には、壁や家具などを支えにしてバランスを崩さないように注意しながらやってみてください。

両方の膝をつけたままだと苦しいので、膝を外側に向けて「ハ」の字になるようにして、体調が良いときに5〜15回ワンセットを目安に、ゆっくり行いましょう。

バランスボール

バランスボールは、陣痛の促進やいきみ逃しでもよく使われていますが、バランスボールに座ってリズム良く跳ねることで、その振動や腹部の筋肉を刺激することにより、陣痛を促す効果があります。

バランスボールに座っている間は不安定な体勢になるので、必ず物や人につかまって絶対に転ばないように気をつけましょう。

船漕ぎ運動

船漕ぎ運動とは、立った状態で船を漕ぐような動作行うことです。やり方は、足を肩幅に開いて片足を少し前に出したら、両手で船のオールを持つように構えて、船を漕ぐように動かしながら、前後に体重移動をします。

20回程おこなったら、反対側の足を前に出して同じようにまた20回程行いましょう。立って揺れた状態により、赤ちゃんが下りてきて陣痛が来やすくなるようです。

 

陣痛ジンクス:食べ物編

  • 焼肉
  • オロナミンC
  • カレー
  • ラズベリーリーフティー

焼肉

焼肉を食べると陣痛がくるというのは、聞いたことがある方も多いかと思います。しかし、この陣痛ジンクスには、医学的根拠は全くありません。

一説によると、某大手焼肉チェーン店の社長またはオーナーなどが、販売戦略として言ったことが、ちょうど陣痛がくるタイミングで来た妊婦さんの耳に入って、口コミで広まった噂なんだとか。

妊娠中に焼肉へ行く際には、食中毒を避けるためにお肉をしっかり焼くようにして、体重増加などを防ぐために食べ過ぎには気を付けてくださいね。

オロナミンC

オロナミンCには、カフェインなど刺激の強い成分が多く含まれているので、出産前に体力をつけるためにと飲む人がいたことから、オロナミンCを飲むと陣痛が来るというジンクスが生まれた可能性があります。

実際のところ、オロナミンCと陣痛に関連性があるかどうかは医学的に証明されていませんが、有名なジンクスなだけに、飲んだら陣痛がきたという妊婦さんもいるようです。

少量ですが、オロナミンCにはカフェインが含まれているので、たくさん飲んでしまうとカフェインの摂りすぎになってしまいます。飲む量には注意してください。

カレー

カレーの香辛料や辛さによって刺激を与えられ、陣痛を引き起こすという説から生まれた可能性のある陣痛ジンクスです。

カレーは栄養価の高い料理ですが、塩分や糖質やカロリーが高いため、妊娠中の食べ過ぎには注意が必要です。

妊婦さんでも激辛料理は食べられる!食べる時のルールに注意激辛料理を食べると、赤ちゃんに何か悪い影響を与えるのではないかと心配する妊婦さんもいるかと思います。 でも実は、辛いものを食べるこ...

ラズベリーリーフティー

ラズベリーリーフティーには、骨盤まわりの筋肉収縮作用を調整し、子宮の収縮を助けてくれる成分が含まれていて、出産をスムーズに進める効果と、陣痛を和らげてくれる効果に期待できます。

つまり、ラズベリーリーフティーは「飲めば安産になる」と言われているだけあって、出産時に効果を得られるもので、飲めば陣痛がくるというわけではないようです。

産後の回復や母乳の出にも良い効果があるので、産後に飲み続けることもおすすめです。子宮を収縮させる働きを持っているので、妊娠8ヶ月を過ぎた頃から飲み始めるようにしましょう。

妊娠中におすすめハーブティーのベスト5!飲んだら危険なのは?味や効果も妊娠中は食事や飲み物に気を使いますよね。妊婦さんにおすすめな飲み物として人気が高いのがハーブティーです。 ハーブティーには、妊娠中...



陣痛ジンクス:マッサージ編

  • ツボ押し
  • おっぱいマッサージ

ツボ押し

陣痛を促進する効果が期待できるツボは、「三陰交(さんいんこう)」と「太衝(たいしょう)」の2つです。三陰交は、足の内側のくるぶしの頂点から、指幅4本分上がったところの骨と筋肉の境目にあります。

三陰交を押す時は、ゆっくり息を吐きながら力を入れ過ぎないように押して、息を吸いながら離します。一度に3〜5秒かけて、続けて3回程度を目安に押すといいでしょう。

太衝は、足の甲の親指と人差し指の骨がつながっていて、くぼみんでいるところにあります。ます。親指か人差し指を使って、足の甲に対して垂直に押すようにしましょう。

おっぱいマッサージ

乳頭を刺激すると、オキシトシンというホルモンが分泌されます。オキシトシンには子宮収縮を促す作用があるので、陣痛が誘発されるのです。

子宮収縮の他にもおっぱいマッサージを行うことで、乳首が柔らかくなり産後の母乳が出やすくなるといった効果にも期待できます。

妊娠中に母乳って出るもの?産後に向けた時期別の母乳ケア方法妊娠中に気になることの1つである、母乳について。妊娠してから、胸の張りや痛みが出てきたりしますが、母乳は妊娠中に出るものなのでしょうか?...

 

陣痛ジンクス:その他

  • アロマ
  • 語りかけ
  • 月の満ち欠け
  • お迎え棒

アロマ

ラベンダーのアロマオイルが陣痛を促進させるというジンクスです。ラベンダーオイルには、子宮収縮を促す作用があり、分娩を促進できるとも言われています。

子宮収縮効果があるため妊娠初期などには使用できませんが、正産期を迎えた妊婦さんが陣痛を誘発させるために使用するにはおすすめです。

ラベンダーのアロマバスに入れば、リラックス効果や肩こり、むくみの改善などにも期待できるので、ぜひ試してみてください。

語りかけ

妊娠6ヶ月頃になると、お腹の赤ちゃんの耳が発達し音が聞こえるようになります。音を聴くというよりも、羊水を通じて振動を感じて全身で聴いているような状態ですが、ママの声は比較的聞こえやすいようです。

出産予定日が近づいた頃から「そろそろ出ておいで」などと、お腹をの赤ちゃんに語りかけることで、赤ちゃんが出てこようとして陣痛が起こるんだとか。

陣痛ジンクスとしてだけでなく、妊娠中はお腹の赤ちゃんに向かって話しかけることで、ママ自身がリラックスできたり、胎教としての効果もあります。

胎教は効果ない?いつから始めるのがいい?おすすめの方法一覧胎教とは、赤ちゃんがお腹にいる時から行える、ママやパパとのコミュニケーションです。胎教をすることで、産まれてくる赤ちゃんの頭が良くなった...

月の満ち欠け

月の満ち欠けには出産に影響があって、満月の日に出産する妊婦さんが多いという言い伝えもあります。満月の日の前後には大潮になるので、大潮の日にも出産が多いとも言われています。

このジンクスには科学的根拠はありませんが、羊水が海水の成分と似ているため、月の引力による潮の干満と陣痛に何か関係があるのではないかという理由から生まれた可能性があります。

また、満月の日は月や太陽からの引力によってお産の進行が早く、スムーズな出産になりやすいことから、満月の日の出産は安産になるとも言い伝えられています。

お迎え棒

お迎え棒とは、臨月に入った妊婦さんが赤ちゃんを迎えるために行う性行為のことです。ピストン刺激と精液に含まれるホルモンにより、陣痛が促進されると言われています。

体調や妊娠の経過に問題がなければ、妊娠中の性行為はしてもいいとされていますが、感染症などを防ぐために、必ずコンドームを使用するようにしましょう。

 

陣痛ジンクス体験談

筆者は〇〇ジンクス的なものが好きで、出産前にいくつかの陣痛ジンクスも試していたので、そのことについてもお話していこうと思います。

私が試したジンクス

・雑巾がけ
・ウォーキング
・スクワット
・焼肉
・オロナミンC
・カレー
・ツボ押し
・語りかけ

色々なことを試してみましたが、結局陣痛につながったのは、自作の「変なダンス」でした。家具につかまって足を広げて腰をおとして、歌いながら腰をゆっくりフリフリしていました。

恥ずかしい笑

たぶん、先ほど紹介した船漕ぎ運動に近いダンスだったので、赤ちゃんが下に下りてきたんだと思います。

変なダンスをしてから数分後に、少量の水のようなものが出ていることに気付き、病院に電話したところ破水かもしれないということだったので、急いで病院へ向かいました。

病院へ向かう車の中で陣痛が始まって、病院についてから約4時間で出産という超スピード出産でした。

陣痛を誘発させる「陣痛ジンクス」には迷信が多いですが、試してみて本当に陣痛がくるか待っている間が楽しかったりもします。

中には、迷信と言われるジンクスを試したら、実際に陣痛がきた!なんて方もたくさんいます。信じるかどうかは別としても、試してみる価値はあると思います。

楽しみながら、色々な陣痛ジンクスを試してみてください!
妊娠中の性別ジンクス!お腹の子は男の子女の子どっち?妊娠したことがわかると、お腹の子が女の子か男の子、どっちなのか気になりますよね。私はとても気になって、妊娠中に色々なジンクスを試したりし...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら