妊娠

妊婦はサーモンを食べていい?妊娠中でも問題ない食べ方や注意点など

妊婦さんも、サーモンのお刺身やお寿司、塩鮭などを食べたくなることはありますよね。

でも、生物は食中毒の危険性があるから食べないほうがいい?
妊娠経過や赤ちゃんに影響がないか心配。

妊娠中にサーモンを食べることで、デメリットがないか不安になる妊婦さんも少なくないはず。そこで、妊婦さんがサーモンを食べていいのか、注意点、気になる事などをまとめました。

この記事でわかる事

  • 妊婦さんでも食べられるサーモンの食べ方
  • 妊娠中にサーモンを食べることのリスク
  • サーモンの栄養素や効果
  • 妊婦さんがサーモンを食べる時の注意点



妊婦が食べられるサーモンとは

妊婦さんが食べられるサーモンと、食べないほうがいいサーモンがあります。まとめると、このようになります。

生サーモン(刺し身) ×
スモークサーモン ×
サーモンのお寿司 ×
炙りサーモン ×
加熱されたサーモン

妊婦さんは、中までしっかり加熱されたサーモン以外は食べないようにしましょう。その理由を詳しく確認していきましょう。

 

妊婦は生サーモンや刺し身を食べていい?

妊婦さんは生のサーモンやサーモンの刺し身は食べないほうがいいでしょう。

なぜ妊娠中は食べないほうがいいかと言うと、サーモンにリステリア菌が付着している可能性があるからです。

リステリア菌については後ほど詳しく説明していきます。

 

妊婦はスモークサーモンを食べていい?

スモークサーモンあるいは燻製サケとは、塩漬けしたサーモン(鮭)を燻煙乾燥して燻製にしたもののことです。

スモークサーモンの多くは、低温で燻製してあるだけなため、リステリア菌が付着している危険性があります。

厚生労働省でも、妊娠中にスモークサーモンを食べることは気をつけるべきだと注意喚起しています。

 

妊婦はサーモンのお寿司を食べていい?

妊婦さんはサーモンのお寿司を食べないほうがいいでしょう。

お寿司のネタとして使用されているサーモンは、生のものがほとんどなため、サーモンのお寿司にもリステリア菌などによる食中毒を引き起こす危険性があります。

妊婦さんがスシローやくら寿司、はま寿司などの回転寿司で食べていいネタについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

もし、妊婦さんがどうしてもサーモンのお寿司を食べたいなら、回転寿司よりも作りたてで新鮮なお寿司を提供してくれるお寿司屋さんへ行くことをおすすめします。

 

妊婦は炙りサーモンを食べていい?

お寿司屋さんなどでもよく見る「炙りサーモン」ですが、妊婦さんは食べないほうがいいでしょう。

リステリア菌は熱により死滅させることができますが、炙りサーモンなどは部分的にしか炙られていないため、完全に防ぐことはできません。

また、回転寿司のメニューにある「炙りチーズサーモン」には、厚生労働省も注意喚起をしているナチュラルチーズを使用している場合もあるため、そちらも注意が必要です。

 

妊婦は加熱したサーモンを食べていい?

妊婦さんは、加熱されてあるサーモンなら食べて大丈夫です。

妊娠中に注意すべきリステリア菌は、65℃以上で数分間加熱することで死滅させることができます。

ちなみに、スーパーなどで売っている加熱用の生鮭とサーモンの違いは、魚の種類です。加熱用の生鮭にはシロサケが多く、刺し身用のサーモンはトラウトサーモン(ニジマス)がほとんどです。

シロサケは成長期に海を回遊し、トラウトサーモンは淡水で過ごします。リステリア菌は主に海に生息しているため、加熱用の鮭を生で食べることは絶対に避けましょう。




妊婦がサーモンを食べる時の注意点や気になる事

サーモンを食べていいか心配する妊婦

妊婦さんがサーモンを食べる時の注意点と気になる事をまとめました。

 

リステリア菌

サーモンに限らず生の魚介類には、リステリア菌という細菌の一種が生息している危険性があります。

妊婦さんは健康な大人より20倍以上もリステリア菌に感染しやすく、さらに感染すると症状が重くなる場合が多いとされているのです。

【妊娠中のリステリア菌による症状例】

  • 吐き気、嘔吐
  • 下痢
  • 発熱
  • 髄膜炎
  • 敗血症
  • 意識障害
  • けいれん
  • 流産
  • 死産

リステリア菌は熱に弱いため、65℃以上の温度で数分間加熱すれば死滅させることができます。

つまり、妊婦さんが安心してサーモンを食べるには、十分な加熱が必要です。

 

メチル水銀

魚介類を食べる時には、水銀についても気になります。妊娠中に水銀を多量に摂取してしまうと、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすと言われています。

しかし、サーモンは、比較的に水銀の含有量が少ないため、妊娠中に食べても問題ありません。

 

塩分

塩分量はものによって変わりますが、スーパーなどに売られている塩鮭は塩分が高めなものが多いです。

妊婦さんの1日の塩分摂取量の目安は7gとされています。つまり1食分にすると、およそ2〜3gです。

【妊娠中の塩分の過剰摂取による影響】

  • むくみ
  • 体重増加
  • 妊娠高血圧症候群

塩鮭のパックには甘塩・中塩・辛塩の表示があり、辛塩の塩鮭は塩分がかなり高いので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

サーモンの栄養素と効果

サーモンに含まれる栄養素は以下です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)
EPA(エイコサペンタエン酸)
リン
カリウム
ビタミンA
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
葉酸
ナイアシン
パントテン酸
カルシウム
亜鉛
アスタキサンチン

これらの栄養素による、妊娠中も嬉しいサーモンの効果が以下です。

  • コレステロールの低下
  • 中性脂肪の減少
  • 体力向上
  • 疲労回復
  • 抗酸化作用
  • 美白効果

 

妊婦はサーモンを食べていいけど要注意!

妊婦さんでもサーモンを食べることができますが、必ず加熱調理してから食べるようにしましょう。

生サーモン(刺し身) ×
スモークサーモン ×
サーモンのお寿司 ×
炙りサーモン ×
加熱されたサーモン

また、サーモンは塩分が高めであるため、食べ過ぎにも十分注意してください。

ぜひ参考にして、素敵なマタニティライフに役立ててもらえたら嬉しいです!

 

妊娠中に買ってよかったものを時期別にレベル順で紹介!マタニティグッズ編妊娠中に買うものは必要最低限で揃えていましたが、その中でも本当に買ってよかったと思えるものだけを厳選して紹介します。 中には代用す...
【妊婦の在宅ワーク】おすすめを厳選!内職の求人からスマホでできるものまで妊婦さんにおすすめな在宅ワークを特集していきます。どれもすぐに始めることができるので参考にしてみてください。 ♥...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら