妊娠

妊娠中に湿布は危険?妊婦でも貼れる商品は?禁忌な湿布を使ってしまった場合

妊娠中は、体の変化により、腰痛や肩こり、関節の痛みなどが出やすいです。そこで使いたいのが湿布ですが、妊婦さんが湿布を使うことで問題はあるのでしょうか?

  • 妊娠中に使える湿布を知りたい
  • 妊娠中で腰痛や肩こりに悩んでいる
  • 妊娠中に湿布を使ってしまった

など、妊娠中の湿布の使用に関することで疑問や気になっていることをまとめましたので、参考にしてみてください。




妊娠中に湿布は危険?


妊娠中は湿布の利用を控えた方がいいと言われています。その理由は、湿布を貼った部分の皮膚から薬の成分が体に入り込んで、へその緒を通して赤ちゃんまで届いてしまい悪影響を与える可能性があるからです。

過去には、妊娠中の湿布の使用で、湿布に含まれる成分が影響して、赤ちゃんに異常をきたしたという事例もありました。

①妊娠後期の女性には胎児に動脈管収縮が起こる可能性があるため、ケトプロフェンの外皮用剤を使用しないでください。
②妊娠中期の女性にケトプロフェン製剤を使用する場合、ケトプロフェンのテープ剤において羊水過少症が起きた報告があることを考慮し、必要最小限の使用にとどめるなど慎重に使用してください。
また、ケトプロフェン以外の非ステロイド性消炎鎮痛剤の外皮用剤において,胎児に動脈管収縮が起きた症例は報告されていませんが、薬剤の作用機序からは妊娠後期の女性に使用した場合、ケトプロフェンのテープ剤と同様に胎児に動脈管収縮が起こる可能性があることを考慮し、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用するよう注意してください。

引用:厚生労働省

特に、妊娠後期の湿布薬の使用は、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性があるので注意してください。妊娠中に注意が必要な、湿布薬に含まれる成分がこちらです。

  • ケトプロフェン(モーラス)
  • インドメタシン(セラスター)
  • ボルタレン(ジクロフェナクナトリウム)

この3つの成分が含まれている湿布は、妊娠中には使わないように注意しましょう。

しかしながら、妊娠中は腰痛や肩こり、膝の痛みなどの悩みも多く、湿布を活用したいと思っている妊婦さんも多いですよね。

実は、全ての湿布を使ってはいけないわけではないのです。市販されている湿布の中には、妊娠中に使っても安全で、赤ちゃんに影響がなく、使用する上で問題のないものもあります。

 

妊娠中でも貼れる湿布


市販されている湿布の中には、厚生労働省から禁忌とされている成分が含まれていないものがあります。こちらが、妊娠中に使用しても問題ないとされている湿布の例です。

  • のびのびサロンシップF
  • のびのびサロンシップFH
  • のびのびサロンシップFα
  • のびのびサロンシップS
  • のびのびサロンシップα無臭性
  • サロンシップL
  • サロンシップ(巻貼タイプ)
  • ハリックス55EX冷感
  • ハリックス55EX温感
  • ラクパスS
  • サロンパスA
  • パテックスうすぴたシップ

胎児に影響する成分は含まれていませんが、妊娠中は肌が敏感で肌荒れしやすい状態です。使用前には主治医に相談することをおすすめします。

 

妊娠中NGな湿布を使ってしまったら


もし、妊娠中に使ってはいけない湿布を使用してしまったら、どれくらいの期間、どこに貼っていたのかを思い出して、その旨を医師に相談しましょう。

赤ちゃんに影響があるのは、禁忌とされる成分の入った湿布を数日間連続して使用した場合と言われています。数時間程度ならほとんどの場合、問題ありません。

また、妊娠中の腰痛や肩こり、怪我などの痛みなどがひどい場合にも病院でしっかり相談して、改善していけるようにしてくださいね。

妊婦は冷えピタや熱さまシート使って大丈夫?赤ちゃんに影響や危険は?妊娠中でも頭痛や熱っぽい時、暑さ対策として、冷却シートを使いたいですよね。しかし、妊婦さんが冷えピタや熱さまシートを使うことで、お腹の赤...
妊娠中にやっておけばよかったこと15選!やらないと後悔するかも?出産してから、妊娠中にあれやこれをやっておけばよかったと思い返すママは多いようです。実際に私も、妊娠中にやっておけばよかったと思うことは...
妊婦の葉酸サプリ!失敗しない選び方とおすすめベスト3 美容成分も合わせて摂りたいならベルタ 必要な栄養素の充実度で選ぶならメルミー 妊娠中の冷えが気になるならmita...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら