妊娠

戌の日の安産祈願はいつ誰と何する?持ち物や服装、流れなどまとめ

日本には、妊娠5ヶ月の頃の戌の日に安産祈願を行うというしきたりがありますが、いつ誰と何をするのでしょうか。

そこで、戌の日に行う安産祈願についての気になることをまとめました。いつ誰と何をするか以外にも、必要な持ち物や服装、当日の流れ、安産祈願で有名な神社などについても紹介していきます。




戌の日安産祈願はいつ誰と何する?

いつ

一般的に、戌の日の安産祈願は、妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に行います。戌とは十二支の戌のことなので、戌の日は12日に1度やってきます。

なぜ戌の日に安産祈願をするのかというと、犬は多胎でも安産であるからと言われています。

戌の日の安産祈願は、仏滅に行なっても問題ありませんが、もし気になる場合は妊婦4ヶ月目や妊婦6ヶ月目にずらして安産祈願を行なっても大丈夫です。

【2019戌の日】
8月:5日(大安)、17日(大安)、29日(大安)
9月:10日(先勝)、22日(先勝)
10月:4日(友引)、16日(友引)、28日(仏滅)
11月:9日(仏滅)、21日(仏滅)
12月:3日(大安)、15日(大安)、27日(先勝)

【2020戌の日】
1月:8日(先勝)、20日(先勝)
2月:1日(友引)、13日(友引)、25日(先負)
3月:8日(先負)、20日(先負)
4月:1日(大安)、13日(大安)、25日(赤口)
5月:7日(赤口)、19日(赤口)、31日(赤口)
6月:12日(赤口)、24日(友引)
7月:6日(友引)、18日(友引)、30日(先負)
8月:11日(先負)、23日(大安)
9月:4日(大安)、16日(大安)、28日(先勝)
10月:10日(先勝)、22日(友引)
11月:3日(友引)、15日(仏滅)、27日(仏滅)
12月:9日(仏滅)、21日(大安)

誰と

戌の日の安産祈願には、誰と行っても構いません。誰かと一緒に行かなければならない決まりもないので、もちろん妊婦さん一人で安産祈願へ行ってもいいのです。

ただ、妊娠中は体調が変化しやすいため、自宅から離れた場所へ安産祈願しに行く場合は、誰かと一緒に行ったほうがいいでしょう。誰と一緒に行くかの例としては、

  • 旦那さんと
  • 旦那さんと上の子たちと
  • 両親や義両親と
  • 両家勢揃いで
  • 友人と
  • 祖父母と

ご祈祷をする場合も、メインは妊婦さんなので、付き添い人は誰でもいいのです。もし妊娠さんが体調が悪かったり、急な用事で安産祈願へ行けなくなった場合は、お参りだけ誰かに代わりに頼むのもOKです。

何する?


戌の日の安産祈願では、神社へ出向いて初穂料を納め、お祓いと祈祷をしてもらう妊婦さんが多いですが、お賽銭をしてお参りだけするのでも構いません。

水天宮(東京都)で行う戌の日安産祈願を参考に、当日の流れを確認してみましょう。

  1. 受付にある申込用紙に名前、住所、安産祈祷の有無、腹帯や小布一式などの購入の有無を記入。
  2. 申込用紙を受付にて提出し、初穂料を納め授与品を受け取る。
  3. 待合室にて自分のご祈祷の順番がくるのを待つ。
  4. 呼ばれたら本殿に入り、安産祈願のご祈祷を受ける。
  5. ご祈祷が終わり本殿から出たら各自解散となります。



戌の日安産祈願の持ち物

主な持ち物

・初穂料(はつほりょう)
・腹帯
・母子手帳
・飲み物

初穂料

神社で安産祈願のご祈祷を受けるためには、初穂料を準備しておかなければなりません。初穂料に包む金額は神社によって異なります。

安産祈願の初穂料の金額やのし袋の書き方、お金の入れ方、マナーなどについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

戌の日安産祈願の初穂料に関する疑問すべて解決!金額、書き方、マナーなど妊婦さんが、戌の日に行う安産祈願ですが、神社にご祈祷をお願いする際には「初穂料」が必要になります。 初穂料として包む金額やのし袋の...

腹帯

本来、戌の日は腹帯を巻く日であって、必ずご祈祷を受けなければならない日ではないので、戌の日に安産祈願をする場合は、腹帯(さらし)を持参するといいでしょう。

ただし、神社によっては持参した腹帯はご祈祷できない場合や、安産祈願してもらう神社にて腹帯を授かる場合もあるので、事前にホームページなどで確認しておきましょう。

腹帯は必ず必要というわけではありませんし、ご祈祷を受ける際に着用していても大丈夫ですよ。

母子手帳

母子手帳には、妊娠中の健康状態が記載されています。出先で何かあった時や、初めての産院で診察してもらうことになっても、母子手帳さえあれば妊娠経過をスムーズに把握してもらえます。

妊娠中は何が起こるかわかりません。外出する際には、母子手帳を必ず持ち歩くようにしましょう。

飲み物

戌の日に安産祈願へ行くと神社によっては、混雑している場合があります。例として、有名な水天宮では、戌の日には受付に長蛇の列ができますし、待合室に入ってからも長い時間待たされることもあります。

特に夏や暑い日には、水分不足になりがちです。妊婦さんは、急な体調変化なども起こりやすいため、必ず飲み物は持っていくようにしましょう。

 

戌の日安産祈願の服装


戌の日の安産祈願の服装には、何を着なければならないという決まりなどは特にありません。ただ、派手すぎたり、露出度が高すぎたり、ラフすぎる服装は避けるべきでしょう。

おすすめは、膝下丈でゆったりしたワンピースに、ぺたんこパンプスを合わせたスタイルです。妊婦さんにとって負担のない服を選びましょう。

安産祈願に着ていく服の春夏秋冬ごとの参考コーデや服装マナーについては、こちらの記事で詳しく解説していますので、迷った際にはぜひ参考にしてみてください。

戌の日安産祈願の服装マナーって?春夏秋冬ごとの参考コーデ妊娠5ヶ月目の十二支の戌にあたる日に行う、戌の日の安産祈願ですが、妊婦さんやその付き添いの方は、どんな服装をして参拝するのが正しいのか気...

 

戌の日安産祈願で有名な神社は?

水天宮(東京都)

 

この投稿をInstagramで見る

 

水天宮さん(@suitengushrine)がシェアした投稿


水天宮は、東京都日本橋にあり、安産や子授け、七五三、初宮などのご利益で知られている有名な神社のひとつです。

2016年に大規模な改装工事か行われ、外観も内装もとても綺麗です。戌の日に限っては、混雑が予想されるため、昇殿できるのは妊婦さん1人だけになります。

雨引山楽法寺(茨城県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazueさん(@0312kazue)がシェアした投稿


雨引山楽法寺は、安産祈願で有名で雨引観音とも呼ばれています。古くに、聖武天皇や光明皇后も頼りにしていたと言われる、歴史のあるお寺です。

自然豊かな場所にあり、春には桜が咲き乱れ、6月にはあじさい祭りも行われています。境内には、クジャクが放たれているので、それを見るのも楽しみのひとつになります。

山中諏訪神社(山梨県)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@kannon3388がシェアした投稿


諏訪神社は、古くから安産や子授けにご利益があると、地元の人からも親しまれてきたお寺です。毎年9月には安産を祈願する山中明神安産祭りが行われています。

道路を挟んだ向こう側には浅間神社があり、諏訪神社とは橋で繋がっているため行き来することができます。

 

胎教は効果ない?いつから始めるのがいい?おすすめの方法一覧胎教とは、赤ちゃんがお腹にいる時から行える、ママやパパとのコミュニケーションです。胎教をすることで、産まれてくる赤ちゃんの頭が良くなった...
妊娠中にやっておけばよかったこと15選!やらないと後悔するかも?出産してから、妊娠中にあれやこれをやっておけばよかったと思い返すママは多いようです。実際に私も、妊娠中にやっておけばよかったと思うことは...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら