妊娠

妊婦がブリーチして髪染めすると悪い影響はある?市販品か美容院どちらにするべき?

妊娠中もヘアカラーでおしゃれを楽しみたいと思っている妊婦さんも多いはず。

しかし、理想の髪色にするためにはブリーチが必要だけど、何か悪い影響がないか心配に思う妊婦さんもいます。

そこで、妊娠中のブリーチについての気になることをまとめました。髪染めの他に、眉毛の脱色についても紹介していますので参考にしてみてください。

【こんな妊婦さんにおすすめな記事です】

  • 明るく髪染めしたい
  • ブリーチをするか迷っている
  • セルフで染めるか美容院へ行くか迷っている
  • ブリーチによる影響について知りたい



妊婦はブリーチして髪染めしてもいい?

結論から言うと、妊婦さんでもブリーチはしても大丈夫です。妊娠初期でも妊娠後期でも、どの妊娠期間だとしてもブリーチすることはできます。

ただし、ブリーチすることで悪い影響をもたらす可能性はあります。

妊娠中のブリーチにより、どんな影響の可能性があるのかしっかり理解した上で、ブリーチするかどうか決めるようにしてください。

では、実際にどんな影響の可能性があるのか、ひとつずつ確認してみましょう。

 

妊婦がブリーチするとどんな影響がある?

赤ちゃんへの影響

妊婦さんがブリーチをしても、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えることはありません。

基本的には、アルコールや有機水銀の一種などの分子が小さい特殊なもの以外の有害物質のほとんどが、赤ちゃんに届く前に体内で処理され、便や尿として排出されます。

妊娠初期や妊娠後期には、ブリーチをしないほうがいいとの意見もありますが、ブリーチすることで赤ちゃんの奇形を誘発するという報告などはなく、それらに医学的根拠もありません。

頭皮のダメージ

一般的に、ブリーチすることのデメリットとして、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことが挙げられます。

ブリーチにより頭皮がダメージを受けて、皮が剥けてしまったり、かさぶたのようなものができたり、髪が抜けやすくなったりする場合もあります。

妊娠中は、ホルモンバランスなどによって妊娠前よりも肌が敏感になるので、肌トラブルも起きやすくなります。

妊娠前は問題なく使用していたブリーチ剤を使っても、妊娠中だと肌荒れを起こしてしまう可能性も大いにあるのです。

また、お腹の赤ちゃんへの栄養が優先され、妊婦さん自身の栄養が不足して髪の毛がもろくなり、痛みやすくなっていることもあります。

これらのことを考慮すると、妊娠中のブリーチはしないほうがいいという意見も納得できます。

妊娠中の肌トラブルの原因についてはこちらでチェック!

匂いによる体調不良

ブリーチ剤を使ったことのある方でしたら知っているかと思いますが、匂いが強烈で、長時間匂いを嗅いでいると気分が悪くなりそうなくらいです。

中には、そこまで匂いが気にならないブリーチ剤もありますが、市販されているブリーチ剤のほとんどは、鼻にツンとくる匂いがします。

妊娠中にブリーチをすると、匂いのせいで気分が悪くなってしまう可能性もあります。特に、つわり中の妊婦さんは注意が必要です。




妊婦がブリーチするなら市販の髪染め?お店で?


妊婦さんがブリーチをするなら、市販されている髪染めを使うか、美容院へ行って染めてもらうか、どちらの方がいいのか結論から言うと、美容院で染めてもらうのがおすすめです。

使用するブリーチ剤については、市販されているものと美容院で使われているものに、大きな差はありません。

市販されている髪染めで自らブリーチするのと、美容院で美容師さんにブリーチしてもらうのと、大きく違う点はこの2つです。

  • 市販品には泡カラーがある
  • テクニックの差

市販されている泡カラーは、簡体に全体に塗ることができる一方で、濃さにムラができやすく薄付きなのがデメリットでもあります。

そして、自分で髪を染めると見にくい後頭部などに塗り残しなどができやすいですが、美容院で染めてもらうとムラなく均等に塗ってもらえます。

また、美容院でなら、頭皮にブリーチ剤をつけずに、頭皮ギリギリのところからブリーチしてもらうことも可能です。

ブリーチでムラができてしまうと、直後のヘアカラーや今後のヘアカラーにも影響するので、美容院へ行って美容師さんにブリーチしてもらうのがおすすめなのです。

 

妊婦が眉毛の脱色や毛先だけのブリーチは大丈夫?

眉毛の脱色

髪をブリーチするついでに眉毛のブリーチ(脱色)をする方も多いですが、妊婦さんも眉毛の脱色をしても大丈夫です。

ただ、妊娠中は肌が敏感になっているので、肌荒れの原因になる可能性があります。特に目の周りは皮膚が薄いので、充分注意しなければなりません。

ヘアカラー剤を使って眉毛の脱色をする際には、液が垂れて目に入らないように気を付けましょう。

毛先だけブリーチ

毛先だけブリーチしてカラーリングする、グラデーションカラーも人気です。妊娠中のブリーチでの頭皮への負担などを考えると、ブリーチするのは毛先だけにしておくのもいいかもしれません。

妊娠中に何度もブリーチするのは肌に負担をかけますし、産後はヘアカラーをする時間もなかなか取れないので、毛先に向かって明るくなるグラデーションカラーにする妊婦さんも多いようです。

セルフでグラデーションカラーにすることもできますが、より綺麗なグラデーションにするために、美容院でカラーしてもらうのがおすすめです。

 

妊婦がブリーチする時に注意すること

体調の良い時に行う

ブリーチ剤は匂いが強いため、妊娠中はその匂いのせいで気分が悪くなる可能性があります。

ブリーチによる体調不良を防ぐためにも、体調が良い時だけ行うようにしましょう。特に、つわり中は体調が変化しやすいため、避けるのが無難です。

また、美容院へ予約している場合でも、体調が良くなければキャンセルするか、日程を変更してもらいましょう。

ブリーチで肌荒れしたことがある人はやらない

妊娠前にブリーチした時に、ブリーチが原因で頭皮がかぶれたり、髪が見るからに傷んでしまったことのある妊婦さんは、ブリーチはしないほうがいいでしょう。

妊娠中は、普段と比べて肌がデリケートなため、更にひどい肌トラブルを起こす可能性があるからです。

それでもブリーチをしたいと思っている場合は、ブリーチを使わずに理想の髪色にしてもらえるか美容師さんに相談してみましょう。

 

妊婦でもブリーチはできるが注意点を守ろう

妊婦さんでもブリーチしてからのヘアカラーをしても大丈夫です。しかし、妊娠中は体調が変化しやすく肌が敏感になるため、注意点をしっかり守ってブリーチするようにしてください。

【妊婦がブリーチする時の注意点】

  • 体調が良い時に行う
  • ブリーチで肌荒れしたことがある人はやらない

頭皮にダメージを与えないために、人気のグラデーションカラーにするのもおすすめです。

毛先に向かって明るくして根本は暗いままにしておけば、産後になかなか髪染めできなくてもプリン状態にならなくて済みます。

妊娠中もヘアカラーでおしゃれを楽しみましょう!

 

妊娠中のマニキュアはOKでジェルネイルはNG?おすすめマタニティネイル妊娠中も妊娠前と同じようにマニキュアを塗ったり、ジェルネイルをしたりと、ネイルでおしゃれを楽しみたいですよね。 でも、妊娠中にネイ...
妊娠中のマツエクやまつげパーマは危険?影響は?お店で断られることも妊娠中もマツエクやまつげパーマをして、目元のメイクなどを楽しみたいですよね。最近では、産後の化粧ができない期間のために、前もって妊娠中に...
妊婦はピアスをつけても穴を開けても大丈夫?へそピアスは?注意点も紹介妊婦さんがピアスをつけることで、赤ちゃんに影響があったりデメリットはあるのでしょうか?へそピアスをしている妊婦さんなら、へそピアスは付け...
▽妊娠中子育て中ママ必見▽
妊婦の在宅ワーク 妊婦の葉酸サプリおすすめ
関連記事はこちら